HOME > 抗酸化溶液製品一覧 >「化粧石鹸」ぽぽ

「化粧石鹸」ぽぽ

母親の愛情に包まれるようなクリーミーな泡立ちの全身ソープ!

“ぽぽ”とは、アイヌ語で『赤ちゃん』という意味を持ちます。

パッケージデザインをご覧になってください。母親が子供を抱いている姿を見ると、誰もが優しい気持ちになりませんか?
母親が我が子を抱くときには、母親は子供に無限の愛情を注ぎ、子供は母親から無限の安らぎを得ているのではにないでしょうか?
『ぽぽ』は、赤ちゃんでも安心して使える石鹸という意味もありますが、商品を提供する側として、母親が子供に愛情を注ぐがごとく、使われる方に愛情を注ぎ、誰もが安心して使って欲しいという開発者の願いが込められて名付けられました。

「化粧石鹸」ぽぽはパーム油が主原料の天然植物性石鹸です。
北海道白老町在住の一級建築士:会田伸一氏が、永年の研究と
試行錯誤の末、自身で作り出した抗酸化溶液を石鹸に利用し、商
品化が実現したもので、クリーミーな泡立ちで汚れや余分な皮脂をすっきりと洗い流します。また、ツッパリ感がなく、しっとりした素肌に整えます。お顔だけでなく髪や体全身にもお使いいただけます。


「化粧石鹸」ぽぽ

「化粧石鹸」ぽぽ
1,080円(税込)

配合成分:
カリ含有石鹸素地、水、ミリスチン酸、ラウリン酸、イタドリエキス、黒砂糖、グルコン酸Na、パーム脂肪酸、塩化Na、グリセリン
標準重量:
100g
お問い合わせ

「化粧石鹸」ぽぽの効用

このような方におすすめです!

●お肌がデリケートな方・・・
●スポーツなどでよく汗をかく方・・・
●長時間靴を履いて仕事をされる方・・・
●毛髪のことが気になる方・・・

化粧石鹸『ぽぽ』裏ワザ

ワイシャツなどの首周りについた汚れを“ぽぽ”で軽くこすってみてください。驚くほど簡単に落ちます。

衣類のシミ取り効果実験例を見る実験例を見る
PageTop

「化粧石鹸」ぽぽの使用方法

“ぽぽ”はクリーミーな泡立ちで汚れや余分な皮脂をすっきりと洗い流します。また、ツッパリ感がなく、しっとりとした素肌に整えます。

詳しくは「化粧石鹸」ぽぽ の使い方-虎の巻-」をご覧ください。

※女性の方は必見!

女性の方は、“ぽぽ”で洗顔、メイク落としをした後に化粧水などをつけないでみてください。最初は違和感があるかもしれませんが、1週間ほどしたら、肌が見違えるようになっていることがわかるはずです。 どうしても、肌が突っ張るという方は、「化粧水」光のしずくを2〜3滴程度を手のひらにのばしお顔を包み込むようにゆっくり浸透させて、最後に、「フェイスクリーム」みじょかを塗布してお手入れしてください。

お肌や毛髪でお悩みの方へ

洗顔

洗顔
  1. 手を清潔に洗います。
  2. ぬるま湯で顔を軽く濡らします。
  3. “ぽぽ”を手に取り、手のひらで十分に泡立てます。
  4. 泡で顔を包み込むように洗います。
  5. 十分に顔をすすぎます。
  6. 吸収性のよいタオルで優しく拭きます。
  • ※注意
  • ■洗面器でのためすすぎは、せっかく落とした 汚れや洗顔料をまた顔につけることになるので、おやめください。
  • ■タオルで拭くときは、タオルを顔に乗せて手で押さえるように拭いてください。 ゴシゴシこするのは 厳禁です。

メイク落とし

メイク落とし

ダブル洗顔
上記の要領で、“ぽぽ”を使って2度洗いをすれば、すっきりとメイクが落ちます。

(注)ウォータープルーフのマスカラ・コンシーラーなどをお使いの方は専用のポイントメイク落としをご使用ください。

クレンジング方法

  1. 手のひらでよく泡を立てて顔全体に優しくマッサージするようになじませます。
  2. ぬるま湯でしっかりと洗い流してください。

(注)ポイントメイクをしている方は、特に目・口は丁寧になじませてください。

「化粧石鹸」ぽぽは洗顔だけではなく
シャンプー、ボディソープとしてもお使いいただけます!

シャンプー

シャンプー最初にシャワー、かけ湯などで、髪の汚れを十分に落とすことが大切です。その後、下記のように男性、女性と洗いわけてください。

“男性の場合”

“ぽぽ”を直接頭皮につけて2〜3回まわし、後は地肌をしっかりと洗います。

“女性の場合”

手のひらでよく泡立ててから地肌を丁寧に洗います。髪の長い方は、お湯にごく少量の「万能粉石鹸」えみな「液体石鹸」えみな-Watwer-を入れて洗ってください。リンス代わりにもなります。

(注)現在、(あるいは過去に)パーマをあてている方、毛染めをされている方は、
   頭皮に残っている有害物質を消去するまで、軋む可能性もあります。
   また、パーマや毛染めは落ちやすくなりますので、ご注意ください。

ボディソープ

ボディソープ

天然繊維(綿、麻、絹)などのタオルに“ぽぽ”をつけ、強くこすらず、丁寧に洗います。

赤ちゃんはガーゼなどの柔らかい繊維で優しく洗ってあげてください。

その他の使用方法

長時間靴を履いてムレが気になる方に
⇒“ぽぽ”を手で泡立てて、足の指の間を丁寧に洗ってください。

頭部の皮脂汚れが気になる方に
⇒“ぽぽ”で洗髪し、育毛剤、養毛剤、整髪料を使わないでみてください。

「化粧石鹸」ぽぽの使用上の注意

ソープトレイに水がたまっていませんか?“ぽぽ” は水を含みやすい性質を持っているので、水を含むと柔らかくなってしまいます。 トレイの水はきちんと切っておきましょう。





営業時間 9:00〜17:00  (定休日 土・日・祝)
お気軽にお問い合わせください TEL:0952-23-6073 FAX:0952-23-6062 お気軽にお問い合わせください TEL:0952-23-6073 FAX:0952-23-6062
お問い合わせお気軽にお問い合わせください TEL:072-833-1431 FAX:072-833-1441
PageTop