HOME > アドバイス

アドバイス

【アトピー性皮膚炎】

 アレルギーの一種と言われるもので、皮膚機能が低下し顔全体がザラザラ・カサカサして、極度に乾燥したり強く痒みを伴ったりする肌。

《おもな原因》

・遺伝的、体質的なもの

・体質変化をもたらすほかの因子(食生活、薬剤など)

・ホルモンバランス

・内臓障害

・季節変化

・化学物質の体内蓄積

《アドバイス》

・だに、ほこりを減らすため、ピリカレ水でまめに室内を拭き掃除してダニ・ホコリをなくす。

・洗濯は必ずピリカレでする。

・抗酸化工法で家を新築改装する。

・規則正しい生活をする

・過度のストレスや疲労を避ける。

・入浴を良くし、皮膚を清潔にする。(入浴剤代わりにピリカレ5gを使用)

・甘い物、加工食品、スナック菓子などは避ける。

・身の回りから化学物質を出来るだけ遠ざける。(特に合成界面活性剤)

※入浴時の注意事項

・アピー症状の状態によりピリカレの量を1gから少しづつ増やしていく。(最大5g)
→刺激がある場合は、症状によりその人にあう分量は異なってきますので、入浴した際に、刺激を受けない濃度に調整してください。少ないからと言って効果がないわけではありません。徐々にティースプーンに一杯程度の量に慣れるように増やしていって下さい

・虎杖伝説は肌に刺激を感じない場合は最初から使用可。刺激がある場合は頭髪のみに使用して、入浴時にピリカレの湯で軽くこする程度にする。

・皮膚に抵抗力がついたら虎杖伝説で身体を洗う。

・湯船に浸かりのんびり・ゆっくりリラックスすることが大切。

・シャワーを浴びずにそのまま出る。(上がり湯は不用)

・ピリカレで洗った柔らかいタオルで拭く。

《痒みがある場合》

・セラミック水に耳かき一杯のピリカレを入れてスプレーする。

・痒みが治まらない場合は、虎杖伝説クリームを光と水の妖精で作った活性水、あるいはお湯で薄めて塗る。

《その他》

・時折、光と水の妖精で作ったセラミック活性水か、ピリカレを薄めたピリカレ水を部屋に噴霧する。

・光と水の妖精で作った活性水を炊事、飲料水に使用して体の中から抵抗力をつける。


【ニキビ】


 ニキビは脂による毛穴の目詰まり状態で起こります。ニキビができるまでには皮膚の中でいろいろな準備がされています。その準備の過程を知り、ニキビが成長する過程を正確に把握する事がニキビを作らせない、またこじらせない重要なポイントになります。

《にきびの発生因子》

※皮膚の過剰分泌

・自律神経機能障害(ストレス、不規則な生活、睡眠不測)

・栄養不足(ビタミンB2、B6の不足)

・便秘(胃腸障害)

・遺伝的因子(体質)

・副腎皮質ホルモン剤の連用(アレルギー)/p>

・性ホルモンのアンバランス(男性ホルモン分泌過剰)

※外的刺激

・外来油性物質による脂顔(化粧品、クリーム、日焼け止めなどによる毛穴の目詰まり)

・下界の汚れ(ホコリ、汚れ)

・メイクアップ(毛穴の目詰まり)

・洗顔不足(汚れ、細菌)

・紫外線(活性酸素)

・不潔な指でいじる(アクネ菌繁殖)

《アドバイス》

※洗顔方法

・きれいな手でコジョウ伝説を良く泡立てて、こすらないように丁寧に洗う。

・きれいなタオルで顔を拭。(こすらないで押さえて拭く)

・枕カバー、シーツなど身の回りのものを常に清潔にする

※にきびを悪化させる食べ物

・チョコレート、ケーキ、アイスクリーム等々甘い物

・ピーナッツ、コーヒー、ココア、クルミ、スパイス等々刺激物

《その他の注意事項》

・以上の事に気をつけて、朝晩1回洗顔をしましょう。

・日中スポーツなどで汗をかいたときは、その都度洗ってください。

・洗いすぎはトラブルの原因になります。

【しみ】


 シミは、皮膚の一部にメラニンが異常増加したためにできる褐色の斑点です

《おもな原因》

・紫外線による刺激(メラニン増殖と活性酸素の発生で皮膚代謝機能が低下)

・ストレス(ストレスが脳下垂体を刺激し、メラニン刺激ホルモンを刺激)

・合成化粧品(皮膚にとっての異物は活性酸素を発生させる)

・内臓の機能低下(副腎機能及び肝機能の低下)

・遺伝

・外的刺激(強いマッサージやタオルでのふきとりなど)

《アドバイス》

・本来、メラニン色素は皮膚の防御機能表皮中のメラニンはターンオーバーが正常なら沈着しない。皮膚の正常なサイクルに戻してやる事が大事。

・紫外線から肌を守る。(サンカット効果のある商品の使用とアフターケア)

・充分な睡眠。

・過労を避ける。

・食生活の見なおし。(栄養のバランス、ビタミンB郡、ビタミンC、カルシウム、たんぱく質の摂取)

・脂を含む化粧品、合成物質の入った化粧品を避ける。

・内臓疾患は専門医に見てもらう。


営業時間 9:00〜17:00  (定休日 土・日・祝)
お気軽にお問い合わせください TEL:0952-23-6073 FAX:0952-23-6062 お気軽にお問い合わせください TEL:0952-23-6073 FAX:0952-23-6062
お問い合わせお気軽にお問い合わせください TEL:072-833-1431 FAX:072-833-1441
PageTop