HOME > 抗酸化工法による健康回復住宅作り > 抗酸化工法による施工内容

抗酸化工法による施工内容

基礎コンクリート工事

基礎コンクリート工事 生コンに抗酸化溶液を1立米あたり500ccの割合で混ぜ、約2分間かくはんしたあと打設。乾燥後、立ちあがり部分も含め、基礎内側にいきいきコートをローラーで塗布してください。

(注1)いきいきコートは約2時間で乾燥します。

(注2)水まわりは2度塗りしてください。


内装クロス工事

内装クロス工事パテやクロス糊を溶くときに水の代わりに、『抗酸化溶液 1:セラミック水 3 』の溶液を作り、後は通常通り、パテ・クロス貼りの作業をおこなってください。

(注)セラミック水はバイオボール10個を入れて作ります。


塗装工事

水性塗料には、抗酸化溶液を塗料の5〜10%混ぜてください。

油性塗料には、油性塗料18リットルあたり溶剤用抗酸化溶液100ccを加えながらゆっくりかき混ぜてください。

畳、カーペット処理

畳下地の捨て貼りやカーペット下地にいきいきコートを塗布してください。

畳製作の際には畳表の下に敷く不繊布の代わりに『抗酸化パワーシート』の使用をおすすめします。

左官工事

左官工事最初に、いきいきコートで下地を作ってください。

次にジュラク、漆喰、土壁、タイル目地材などを溶く時の水の代わりに、『抗酸化溶液 1:セラミック水 3 』の溶液を使用し、後は通常通り作業をおこなってください。


美装・ワックス仕上げ、ハウスクリーニング

ワックス仕上げ美装は、「万能粉石鹸」えみなの1,000倍液で拭きあげてください。

ワックス掛けは、抗酸化ワックスで新築時は3〜4回、
メンテナンス時は1〜2回おこなってください。


防蟻処理・防湿処理

基礎コンクリート部にいきいきコートをローラーで塗布してください。

壁面・天井などにもいきいきコートをローラーで塗布してください。

焼成珪藻土が持つ高い吸放湿性能と抗酸化溶液の持つ活性酸素(フリーラジカル)消去性能の相乗効果で、シロアリなどの害虫対策、断熱・結露・カビ対策に高い効果を発揮します。

(注1)基本的に容積に対して、多くの面積に塗布できれば効果が上がります。

(注2)いきいきコートは約2時間で乾燥します。

押し入れ・家具処理

押し入れ・家具処理押し入れ・家具のベニア部分や目に触れない部分にいきいきコートをローラーで塗布してください。

焼成珪藻土が持つ高い吸放湿性能と抗酸化溶液の持つ活性酸素(フリーラジカル)消去性能の相乗効果で、害虫対策、結露、カビ対策に効果を発揮します。

(※)いきいきコートは約2時間で乾燥します。

『抗酸化工法』には特殊な工具や技術を必要とせず、ローコストで最高の効果を発揮します。また建築後の施工も可能です。

【工事価格 〔参考例〕建築面積/25坪(80m2)、床面積/40坪(135m2)、壁紙/320m】

工事
個所
工事内容 適用 使用材料 数量 使用量 合計
(円)
備考
基礎1
生コン用
材料
のみ
抗酸化溶液
14m3
7g
23,000
※1
基礎2
コンクリートの立ち上げ、 ベタ床
材料
のみ
いきいきコート
140m2
1.5Set
90,000
※2
内部1
フローリングの下地、畳のネダ
材料
のみ
いきいきコート
135m2
1.5Set
90,000
※3
内部2
壁紙、天井
材料
のみ
いきいきコート
360m2
4Set
240,000
※4
内部3
壁紙用のり、パテ用
材料
のみ
抗酸化溶液
-
11g
37,000
※5
内部4
収納家具、押入
材料
のみ
バイオシーラーandいきいきコート
40m2
0.4Set
27,000
※6
合計
510,000
※7

※1 立米あたりに0.5リットルを混合する。

※2、3、4 刷毛、ローラー、コンプレッサーで塗布する。

※5 抗酸化溶液4リットルとセラミック水10リットルで溶く(水道水の使用不可)。

※6 押し入れの壁、天井、家具の裏側、、収納家具、引き出しの裏に塗布し、いきいきコートが塗布しにくい場合は、先にバイオシーラーを塗布して作業する。

※7 上記料金は通常価格での計算であり、実際はロットにより単価が下がります。

(注)和室左官工事、塗装工事は場所、種類により異なります。詳しくは取扱店にご相談ください!


【坪単価1万円upのローコストで末永く安全・快適にお住みいただける住宅を!】

※住宅が原因と考えられるアトピー、アレルギー、ぜんそくなどの方も、『抗酸化工法』で原因を取り除いたうえで、医師の正しい治療を受けてください。


 


営業時間 9:00〜17:00  (定休日 土・日・祝)
お気軽にお問い合わせください TEL:0952-23-6073 FAX:0952-23-6062 お気軽にお問い合わせください TEL:0952-23-6073 FAX:0952-23-6062
お問い合わせお気軽にお問い合わせください TEL:072-833-1431 FAX:072-833-1441
PageTop